no-image

出会い系で同性との出会いが流行っている?!ホモとレズでも利用は可能

LGBTという言葉を聞いたことがありますか。

Lはレズ、Gはゲイ、Bはどちらの性でもいい人、Tは自分の体と性が別な人になります。

ちなみに出会い系は基本的に男女の出会いをサポートします。

なので、所謂LGBTと言われている人たちには出会い系は敷居が高いかもしれません。

だけど、彼らだって出会いは必要です。

同性相手対象の出会い系は少ない

残念ながらLGBTはあくまでも少数派です。

なので、一般の出会い系では無理だと断言します。

理由は出会い系はあくまで、男女の出会いを演出することです。

なので、登録しても男性には女性の、女性には男性の情報が入ってきます。

つまり、同性愛好者にとって永遠に出会いはないでしょう。

確かにバイセクシャルならどちらの性でもいいかもしれません。

だけど、人によってはバイセクシャルに嫌悪感を抱く場合があります。

ここはやはり、LGBT専用の出会い系を探した方がいいかもしれません。

実はLGBTに理解を示す人も増えてきました。

それにLGBTの人達がお互い、助け合ってサイトを開いています。

それにネットは国内だけでなく海外の人とも交流できます。

少数派とはいえ、世界全体を考えれば同性相手対象の出会い系も少なくないはずです。

それぞれ、レズやゲイにバイ、さらにトランスジェンダーの人向けが存在しています。

なので、「自分はLGBTだから出会い系は無理」と諦めないでください。

LGBT専用の出会い系のメリットとデメリット

メリットから見てみましょう。

一番のメリットはサクラの存在です。

LGBT専用の出会い系にはサクラが存在しません。

理由はサクラを仕込んでも利益がでないからです。

増えてきたとはいえ、LGBT専用の出会い系は少数派です。

そんなところにサクラを仕込んでもメリットどころかデメリットしか考えられません。

普通の出会い系の場合、サクラの存在が多いです。

しかも、無料の場合、広告が多く出会いがありません。

だけど、LGBT専用の出会い系はサクラが存在しないので無料でも期待が持てます。

というか、日本では有料のLGBT専用の出会い系は少ないと言えるでしょう。

ただし、海外ではLGBTも大勢いるので有料の出会い系も存在します。

デメリットは何度も言うが、LGBTの人は少数派です。

それにLGBTというだけで嫌悪感を抱く人がいます。

そういった人達にとってLGBT専用の出会い系があるのも我慢できないかもしれません。

しかし、最近ではLGBTの人に理解を持つ人が増えているのであからさまに攻撃する人も減りました。

具体的なデメリットとしては利用するサイトやアプリの特色によっても変化するということです。

例えば、ゲイの場合ならヤリモク目当てで利用する人もいます。

実際、男性の場合は自分がゲイだとカミングアウトしない人も少なくありません。

大体、カミングアウトした場合、仕事にも差し支える可能性があるからです。

アプリの場合、気軽に利用できるせいかヤリモク関連が多いです。

体目当てではなくLGBT同士の真剣な出会いを求めているならLGBT専用の真面目な出会いを推奨している出会い系やLGBT専用のSNSなどを利用すべきです。

まとめ最後に言えること

男女の出会いは一般でも大分減っています。

LGBT同士ならなおさら、減少しているはずです。

理由は本人がLGBTであることを周囲に隠しているからです。

人によっては家族にも隠して悩み続けている人もいます。

だからといって、出会いを諦めず行動することが大切です。